Le BLOG de Galerie d'Art .net / パリよりアート情報*いろいろ・・・

Aller au contenu | Aller au menu | Aller à la recherche

lundi 31 octobre 2005

香水美術館 その1

さて、関係ないことですが、フランスでは昨日から冬時間となりました。
そのおかげで?日曜日は一日25時間ありました!一時間多く寝てしまったので、あまり意識することもなかったのですが・・・(^^;

本題はここから。またまた先週の話になってしまいますが、オペラ座のすぐ横にある香水美術館へ行ってきました。 ここでその1としたのは、その2があるからです・・・ :-D
実はこの美術館の別館?が近所にあることを後から知ったのです。近日行ってみたいと思っています。

この美術館はオペラ座を設計したガルニエの弟子、Lesoufachéという建築家により1860年に建設されたアパルトマンの中にあります。 香水美術館らしい内装でした~
ちなみに美術館としてオープンしたのは1983年のことだそうです。

中には、香水を作る機械、香水瓶などなど、Jean-François Costaというコレクショナーの膨大なコレクションの一部2500点がパリで保存・展示されているとのこと。ここではナポレオン3世様式のサロンを演出するかのようにコレクションが展示されていました。
私はどちらかというと、香水自体よりそれを入れる瓶になぜか惹かれるんです。かわいい細工が施されていたり、絵が描いてあったり。すぐに愛着が湧いてしまいそうなデザインだったり。

さて、もともとグラースにある有名香水店Fragonardが経営するこの美術館。
一階はショップになっています。
随分前になりますがグラースのほうにも行った事があります。懐かしい!

写真禁止だったのですが、少しだけ中の様子をどうぞ。

続きを読む・・・

lundi 5 septembre 2005

ルーブル美術館*作品に触れる展示室

昨日は月の第一日曜日で、幾つかの美術館や博物館が無料になる日でした。
しかし・・・私は金曜日から具合が悪く、土曜日は頭痛と吐き気に襲われ(入院したシラク大統領と同じような症状ですが、私の心臓は大丈夫です(^^;)、日曜日は家でおとなしくしていました。

その代わり彼が友人たちとルーブル美術館へ行き写真を撮ってきてくれました!
その中に今まで何度も行ったルーブル美術館内で一度も訪れたことのない展示室がありました。
それは、「感覚の画廊」(ルーブル美術館の日本語パンフより)。


  

実際の彫刻より少し小さめなコピー像に直接触ることができます。
知りませんでした~!

以前横浜美術館でも作品に直接触れることのできる展覧会があったような気がします。
作品に触れないでください!と注意されることもなく、思い切り触れることができるというのは嬉しいことですね。
いたるところに点字があり視覚障害者の方にやさしい展示室になっています。
場所はDenon翼から入ってすぐ右手です。

今回写真ありませんが、ルーブル美術館で好きな場所のひとつに「中世のルーブル」という展示室があります。 現在のルーブルになる前の中世のルーブルの一部(donjon、城の主塔)を見ることが出来ます。
あまり人もいなく静かな場所です。

また、ナポレオン3世の居室も好きです。
人の生活していた場所というのに興味があるんですね。 ;-)
ちょっと覗き見的な好奇心があるというか・・・(^^;
↓の続きを読むから写真を見れます。


続きを読む・・・

lundi 29 août 2005

Musee Cognacq-Jay (コニャック・ジェ美術館)

マレ地区にあるコニャック・ジェ美術館に行ってきました。入場無料です。

最近2008年までの閉店を決めて話題になったパリの老舗デパート「サマリテーヌ」を創設したコニャック・ジェ夫婦の美術コレクションを展示している美術館です。
とても素敵なお屋敷に質の高い美術品の数々。
静かなのでゆったりとゴージャスな気分を味わえたひと時でした。

続きを読む・・・

lundi 8 août 2005

ロダン美術館

昨日は月の第一日曜日。フランスでは幾つかの美術館や博物館が無料になります。
ということで、訪れたいな~と思っていながら今まで一度も足を踏み入れたことがなかった(恥)ロダン美術館へ行って参りました :-D




続きを読む・・・