Le BLOG de Galerie d'Art .net / パリよりアート情報*いろいろ・・・

Aller au contenu | Aller au menu | Aller à la recherche

jeudi 13 octobre 2005

やっと・・・

昨日。県庁で配偶者としての滞在許可証をもらいました。長かった・・・

8月に二人揃って行った時、二人の名前が入った書類が足りない、と言われ、8月中には追加の書類を郵送。係りの人の話では、特に問題はないので、書類が届き次第こちらへconvocationを送ってくれるとの話でした。ところが、一昨日前まで、実に2ヶ月間音沙汰無し。痺れを切らし、彼が電話してくれたのですが、なんと9月にconvocationを送ってあるとのこと。つまり9月から私のビザは用意されていたのでした。これは郵便局のせい!ですね。
ということで、翌日朝に県庁へ。convocationはないけれど、私の仮滞在許可証とパスポート、それに住所を証明するものがあれば「多分」大丈夫だとの電話での答え。「多分」っていうのはどういうこと?と思いつつ、でもconvocationが届かなかったのだからしょうがない。そのまま言われたとおりの書類を持って出発しました。
県庁では案の定長い列が。まずは受け付けてもらうために並び、番号札をもらいます。そこまで30分。受付では、convocationが送られてこなかったことを言うと、特に問題ないような顔で、「はい、じゃ、この番号持って待っててね」と言われ、当然だと思いながらも少し胸をなでおろしました。番号をもらってから、待合室へ。待合室には椅子があるので、そこで座ってのんびりと本を読みながら待つことに。そこでふと、電光掲示板を見ると、表示されている番号は「12」。私の番号は「36」。14人、私より前にいたのです。でも待合室にはそれほど人がいない・・・どうしたことだろう?
1時間半経過したところで、もう一度掲示板を見ると、なんと!「14」。1時間半で2人しか終わってない。ってどういうことなのでしょう・・・ ;-( 周りの方たちが、「まったく困ったものだわ!」とか「どうなってるの!」と(実はもっとお下品な言葉だったりしましたけど)とぼそぼそ話していました。当然ですよね。私もその人たちも必要なものを受け取るためだけに来たわけで、サインすればものの3分で終わる用事。それにこれだけ待たされると、だんだんイライラしてきます。ここでわかったことは、家が近くにある人は家に戻っていたり、先に用事を済ませたりしていて、待合室にはいなかったのでした。さすがフランス。
とうとう私の番です。ちょうど3時間待ったところでした・・・!
「じゃ、ここにサインしてね」と差し出された紙にサイン。「パスポート。」パスポートを差し出し、それにペタッと滞在許可証を貼ってもらう。「はい。来年この滞在許可証が切れる2ヶ月前にまたここに来てね。さよなら。」「さよなら。」
5分もかかりませんでした。これだけのために2ヶ月と3時間半・・・
「長かった」という意味分かっていただけますよね?(^^;

jeudi 25 août 2005

フランスでジューン・ブライドのススメ

結婚数ヶ月前。
結婚は今年中にしようか、でもまだ具体的なことは何も決められず、漠然としたイメージのみが先行していた頃・・・。
そういう時は誰かに聞いたほうがよいと、ある日、昨年結婚したフランス人カップルと会った機会に色々と質問。そこでふと、日本ではよく「6月の花嫁は幸せになれる」とか西洋文化の受け売りで言われたりしているが、フランスではそういう宣伝を一言も聞いたことがないなぁと思い(フランスにブライダル会社が少ないということもありますが・・・)、フランスにもジューン・ブライドの伝説なるものはあるのか聞いてみました。
すると・・・
「6月に結婚する人は多いよ。私たちも6月に結婚すればよかった~!」と言うのです。
やっぱりジューン・ブライドだから?
「ん~6月に結婚するとね、次の年の税金が半額なんだよね~」
あ、税金対策ですか・・・。

フランスでは会社に勤めていても確定申告は各自で毎年行います。
結婚すると今まで2人各自で支払っていた税金を1家庭で計算することになるのですが、
6月に結婚すると6月は一年の前半期に入るので1年丸まる1家庭分の計算ができるわけです。
そうすると、7月からの半年のみより税金は安くなるらしいのです!(詳しい方教えてくださると幸いです・・・)

なんとも夢のない話になってしまいましたが、現実ってそんなものですね :-D
もちろん、6月の結婚幸せ伝説を思って結婚する方も多いでしょう!
もともとはギリシャ神話からきているようですから、フランスにもその話は伝わっているはずなのです。
信じるも信じないも、フランスで結婚するなら天気の比較的のよい6月がお勧め☆

といいつつ、私たちは7月でした・・・ ;-)

vendredi 12 août 2005

名前

今日、銀行でパンフレットをパラパラと見ていてあるページが目にとまりました。
近年フランスでは女性が旧姓を残すことができるようになりましたが、その子供は両方またはひとつの姓を選ぶことができます。 しかし、この2つの苗字を持った人同士が結婚すると14通りもの名前が考えられるとの記事。
このままいくとどんどん名前が複雑になっていきそう・・・。
また、選ぶほうも大変ですね。フランスには姓名判断とかあるのでしょうか??


家の近所、市役所前。夜20時55分ごろ :-)









mardi 9 août 2005

フランスで結婚 その6 ビザ

今朝、ビザ変更のため(結婚前は学生ビザ)県庁へ行ってきました。

問題なく仮ビザを受け取りました。(^^/
結婚後一ヶ月しか経ってないこともあり、二人の名前が入っている書類(EDFなど)が一つしかなかったことが引っかかり(5つは必要)、後日郵送することにはなりましたが。
順調にいけばConvocationが送られてくると思います!

必要書類は、Acte de Mariage、Livret de Famille、パスポート、相手のCarte d'Identité、住居証明、写真4枚などなど、二人の名前入り書類以外は難しいものはありませんが、何を言われるかわからないのがフランス、私は税金の書類だとか他にも色々と持って行きました。
余談ですが、証明写真をとるPhotomatonで2度も失敗し(2度とも下を向いてしまった!)、3度目の正直でやっとちゃんと撮れました。2度も失敗するとは・・・。(^^;;;

それから、運転免許証について。
日本の運転免許証の翻訳(大使館でしてくれます)と原本を持って、フランスの運転免許証がもらえるか聞きました。
が、日本の運転免許をフランスの免許に書き換える、という形になるので、原本をフランスの県庁に預けなくてはならないと。
じゃ、日本で運転するときは?
日本に行くときに国際免許証を取りに来てください。とのこと。

フランスの運転免許証は一度取ったら、一生ものなんですよね。日本のように期限がない。しかし・・・。結局もう一度考えると言って戻ってきました。

vendredi 29 juillet 2005

フランスで結婚 その5 続き

豚の丸焼きパスポートに彼の名前が入りました。
私の場合は日本の名前を残したため、パスポートの名前は変わらないわけですが、希望すればパスポートの別ページに訂正として彼の名を日本名の後に括弧で載せることができるのです。
大使館で申請して一週間でできます。6.61ユーロでした。


写真は結婚パーティーにでた豚の丸焼きです :-D
りんごをくわえてます。

jeudi 21 juillet 2005

フランスで結婚 その5 結婚後

さて、結婚したらすべての手続き終了、
ではないのが国際結婚。
結婚後は何をしたらよいのでしょうか。
私も今手続き中です。






(写真は先週土曜日リュクサンブール公園。)

続きを読む・・・

mercredi 20 juillet 2005

フランスで結婚 その4 当日午後編

午後はパリ市内で写真を撮りました。
友人のおかげでとても良い写真が撮れました。






続きを読む・・・

dimanche 17 juillet 2005

フランスで結婚 その3 当日午前編

早朝、ヘアメークをしてくれる友達が家に到着。ヘア&メーク開始。
その間に新郎は家を片付け、私の家族を迎えに行き、ブーケを取りに行ってくれました。(ありがとう!)
10時すぎ、だんだんと招待客が集まってきました。私はヘアメークの最終段階&ドレスを着ました。

市役所には11時に着かなければいけないところ10分くらい遅刻・・・。
花嫁は車で、クラクションを鳴らしながら(注1)登場。
慣れないドレスで歩くのが大変でした。

続きを読む・・・

samedi 16 juillet 2005

フランスで結婚 その2 準備編

日本でもフランスでも、結婚式・パーティーをプロデュースするところはあります。
はっきり言うと、頼んだ方が確実で「楽」です。
しかし私たちはそんな余裕がなかったので、全て手作りのパーティーになりました。

続きを読む・・・

vendredi 15 juillet 2005

フランスで結婚 その1 書類編

結婚しましょう!
となったら、まず住んでいる市もしくは区の役所へどんな資料が必要か聞きに行きます。
そこで詳しく説明してくれます。(提出書類は場所によって違うので注意)
日本人側は色々とやることがあるので大変。
更に書類の有効期限があるため、いつ頃結婚式を挙げたいか決めてから役所へ行きましょう。
(フランスの書類は3ヶ月以内、日本の書類は6ヶ月以内が有効期限でした)

続きを読む・・・

mercredi 13 juillet 2005

結婚式!


皆様
結婚式を無事に終えることができました。
短期間で準備した割りにはうまくいったじゃないと好評でとても嬉しかったです。
ものすごく疲れましたが、良い一日でした。
詳細はまた次の機会に!